当時の記憶が宝物です

私が小さい頃は、家族でドライブがてら越前までカニを食べにいきました。なんだか和気あいあいとして仲良し家族の様に聞こえますが、大体が喧嘩をして帰ってきます。

 

これは父の責任で、その時の気分でいきなりカニが食べたいと言いだし、越前にさえ行けば鮮度の良い上等なカニを食べる事が出来ると思っています。

 

当時ナビも無ければスマホも無いので、現地で美味しいお店を検索する事もできません。

 

行き当たりばったりで食べる所を探すしかありませんでした。せめて父が旅行雑誌などで美味しいカニを食べさせてくれるお店を探してくれれば、もう少し違ったのだと思います。

 

結局越前のサービスエリアでカニ定食を食べるのですが、「越前まで来た甲斐があった!」感は全く感じる事が出来ませんでした。「わざわざ遠出してここか・・・」という雰囲気が家族間で流れ、険悪な雰囲気で帰ってくるのです。

 

 

そんな事が数年続き、ついに母が「もう越前には行かない!地元のカニ専門店でカニ会席を予約する方がよっぽど良い!」とキレました。

 

 

それから数年間は地元のカニ専門店に変わり、今ではネット通販で新鮮なカニを購入しています。ネットなら北海道や越前のカニを簡単にお取り寄せできるので、わざわざ遠出しなくても良いから高速代も浮きます。

 

 

家族でゆったりカニ鍋を囲み、喧嘩をする事なく楽しんで食べる事が出来ています。
それでも父は「あの頃は皆で遠出して楽しかったな〜」なんて呑気な思い出に浸っています。

 

 

誰も楽しくなかったのに。喧嘩するのが面倒なので誰も言い返しませんが、もう家族喧嘩しながらの遠出はこりごりですね。